読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世界の片隅に

色々な映画賞を受賞する等、最近話題の「この世界の片隅に」。近所の映画館で上映が始まったので、見に行ってきた。

 

以下感想。

 

ごくごく普通の主人公が、戦争によりとても過酷な経験をするが、その後葛藤の末に、最後に希望を見出して終わるといったストーリー。戦争・天災等どんなに辛いことがあっても、人は立ち直れるちからがあるんだと勇気をもらえた気がする。

また、戦時中は国民の多くが洗脳されていて、暗いイメージもあったが、この映画を見ると戦時中の人も本当にふつうの人だったんだなと改めて感じた。

映像もほんわかとした絵画的な雰囲気でとても好きだった。原作を見た後にもう一度見てみたい。

なんかとても良い映画でした。