読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十角館の殺人

綾辻行人十角館の殺人

ニュースサイトで、どんでん返しが凄い小説の一つに本作が紹介されていたので、図書館で借りて読んでみた。

462ページもあったが、非常に読みやすく1日で完読。

小説の登場人物と同様、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を知っていたので非常に楽しめた。

トリックも非常に納得でき満足できました。

 

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)